トップ お酒店屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

お酒店屋さんの案内サイト酒店のサービス(2) > 酒店の顧客ごとのサービス(1)

酒店の顧客ごとのサービス(1)

酒店の顧客ごとのサービス(1)の画像

酒店が生き残っていくためには、酒店としての特長を持つこと、地域と上手に付き合っていくことが重要であることを述べました。それをもう少し具体的にしてみましょう。大型のスーパーやディスカウント店の台頭によって、安穏とした商売が続けられなくなっているのは、酒店ばかりではありません。家電店も街角のタバコ店も同じです。

なかでも、販売を自動販売機に任せていたタバコ店は販売のためのノウハウが蓄積されておらず、これから非常に苦戦することから逃れられないでしょう。しかし、家電店や酒店には、地域の顧客を良く知り、様々な方法で販売してきたノウハウがあります。これからはそうしたノウハウをどのように活用していくかによって、店の浮沈が決まってくるでしょう。

町の家電店と酒店には似たような部分があります。どちらも商品が日持ちするため、一括仕入れをして、できるだけ安く薄利多売の戦略をとれるという点は共通しています。それゆえ、資本力のない町の小規模商店は非常に不利な展開をせざるを得ないわけです。一方で、家電には故障などに対応するアフターサービスや、家電商品の設定などをするサービス提供がしやすいという特長があります。

町の家電店で生き残っているところはこの特長を最大限活かしている場合が多いと言えるでしょう。地域の顧客をこまめに回り、不自由がないか聞いて回る。そのついでに新商品のカタログを置いてきたり、その説明をしたりする。その新商品がその顧客にとってどのようなメリットがあるのかを丁寧に説明する、そういったことは量販店にはとてもまねができません。またそうすることによって、その店の担当者は、その顧客にとって、なくてはならない存在になります。

高齢者の便利屋的な働きでも存在感を示せるようになるのです。そうなればもうその顧客は多くの商品をその店から購入してくれるでしょう。こうした商売のあり方を酒店でも応用できるはずです。元々、酒店には、御用聞きと呼ばれていた伝統もあるのです。現代の御用聞きは、地域のお年寄りの話し相手になるといった役割も含まれるのです。

お酒店屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒店はプロにも販売(1)

酒を飲ませる店は、どこも酒を仕入れるためのルートを持っています。酒にこだわりのある店は、どこでも、その店の売り物となる酒をできるだけ安く仕入れようとします。その酒が非常に珍しい酒である場合もあれば、例えばモルトウィスキーの品揃えなら負けないという場合もあります。酒店の店主は、こうした店のよき相談相手でなければなりません。 その店が求めている酒はどんな酒なのか、その酒を仕入れるルートをきちんと造ること、あるいは、例えば、バーボンの品揃えによって、そのバーの特色を出すという場合

お酒店屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。