トップ お酒店屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

お酒店屋さんの案内サイト酒店のサービス(1) > 地域と酒店(2)

地域と酒店(2)

地域と酒店(2)の画像

地域に認められる店舗であるために、地域と積極的に付き合うことが重要であるとお話ししました。その具体的な手法の一つが商店街や町おこしの企画に積極的に関わることです。酒店は昔から、地域に配達をすることなどで、地域の情報を良く知っています。それも通り一遍ではない具体的な情報です。そうした情報を集め、普遍化して考えてみましょう。そうすることによって、地域の持つ問題点が見えてくるはずです。

そして、問題点が見え、課題がはっきりとつかめれば、町おこしや商店街の活性化のための具体策が次々に浮かぶようになるのです。街づくりのリーダーになっている酒店の店主は案外多いのです。それには、地域を良く知っているからという理由があるのです。逆にいえば、酒店には地域からそうした役割を求められているともいえるのです。もちろん、そうしたことが苦手という酒店の店主もいるでしょう。

しかし、できることなら、自分が苦手なら奥さんにそうした役割を担ってもらうべきでしょう。そうすることで地域に、自分の店の確固たる位置づけができるのです。いったん、そうした位置づけができると、地域をめぐる様々な情報がさらに入ってくるようになります。そうした情報をどのように商売に生かすかは、またひとつの経営手腕と言えます。

しかし、そうした情報があることは、他の競合と比較して非常に優位な立場にあるということなのです。地域無くして、町の商売を成り立たせることはできません。地域の課題を自分の課題としてとらえ、様々な手法を展開できる手腕こそが求められているのです。そのことをしっかりと理解したうえで、地域と積極的に付き合っていくようにしましょう。また地域で酒店の店主として付き合うには、地域の派閥争いに組み込まれないことも重要です。地域の問題や課題は、実は簡単に解決がつくような問題ではありません。

また正解があるような問題ばかりとも限りません。したがって、地域とうまく付き合っていくためには、様々な意見を聞く調整役の方が店舗の店主には向いています。地域には優れたリーダーが必要ですが、問題を解決していくには、必ず敵も生まれます。しかし、地域で販売を生業とするからには、敵を作ってはならないことは当然です。あくまでも調整役に徹する、地域と上手に付き合う酒店であるためにはこれが鉄則です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


お酒店屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒店としての特長を持つ(2)

酒店としての特長を持つと言った場合、品揃え、店舗、流通、接客といった要素をそれぞれ考えてみるのもよいでしょう。流通ということでは、配達に力点を置くか、店舗での販売に力点を置くかによって、当然手法は違ってきます。品揃えは顧客イメージで変わってきます。 イタリアンレストランの欲する酒と、一般の客が欲する酒は違うのは当然ですが、周囲に高級スーパーなどが多い場所なら、自宅で高級ワインを楽しむ層を想定しても商売が十分に成り立つ可能性はあるのです。顧客イメージを持った時に、その顧客層が

お酒店屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。