トップ お酒店屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

お酒店屋さんの案内サイト酒店のサービス(1) > 酒店としての特長を持つ(2)

酒店としての特長を持つ(2)

酒店としての特長を持つ(2)の画像

酒店としての特長を持つと言った場合、品揃え、店舗、流通、接客といった要素をそれぞれ考えてみるのもよいでしょう。流通ということでは、配達に力点を置くか、店舗での販売に力点を置くかによって、当然手法は違ってきます。品揃えは顧客イメージで変わってきます。

イタリアンレストランの欲する酒と、一般の客が欲する酒は違うのは当然ですが、周囲に高級スーパーなどが多い場所なら、自宅で高級ワインを楽しむ層を想定しても商売が十分に成り立つ可能性はあるのです。顧客イメージを持った時に、その顧客層が喜ぶ店舗の在り方をじっくりと考えることは非常に重要です。例えば、酒店のディスプレイについてもじっくりと考えてみましょう。

建築家や、インテリアデザイナー、空間デザイナーなど、プロの手を借りるのもよいでしょう。資本をかけるポイントとして能力のある専門職にきちんとした報酬を払って、良い仕事をしてもらうというのは非常に重要です。そういった情報は、建築関係や店舗関係の雑誌などによく目を通していれば、その時々の新しい手法も見えてきます。多くのヒントを得ることができるでしょう。

従来、酒店などの店舗は、店舗デザインなどをまじめに考えるということはなかったのではないでしょうか。逆に言うと、そんな部分に工夫をこらさなくても、黙っていても客はきたし、来る客しか相手にできないという商売を続けてきたともいえるでしょう。もちろん、スーパーやコンビニエンスストアの台頭、大型ディスカウントショップの隆盛など、酒店をめぐる状況は日々厳しさを増しています。

しかし、一方で、スーパーもディスカウント店もどのように顧客を呼ぶかという工夫を常に凝らしていることを忘れてはなりません。嘆いている暇はないのです。どのように小さな店でも常にイノベーションを続けることで可能性は生まれていくのです。どんな店でも、贔屓にしてくれている客もいずれ歳をとり、頻繁には来店してくれなくなります。それでも店を続けていきたい、あるいは後継者に譲りたいと思うなら、常に新たな顧客を獲得し続ける努力をしなければならないのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


お酒店屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒店としての特長を持つ(1)

酒店としての特長を持つといっても、利益の見えないうちに思い切った投資は困難、あるいは、もともと店舗が非常に狭く、店で展開するのが難しいといった条件の場合もあると思います。しかし、そうした場合にも、配達に特化した展開を行うなど、店の特長を持った展開は可能でしょう。現在の状況を踏まえて、どのような展開なら可能なのかをまずはじっくりと考えることが重要です。大切なのは、小店舗が総花的な展開をしないということです。 それでは、大型のディスカウント酒店に勝てるはずはありません。またコン

お酒店屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。