トップ お酒店屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

お酒店屋さんの案内サイト酒店に求められるもの > 酒店はプロにも販売(2)

酒店はプロにも販売(2)

酒店はプロにも販売(2)の画像

バーや居酒屋、あるいはレストランでも、酒にこだわりのある店では、たいていの場合、売り物となる酒の種類が多いはずです。例えば、バーならモルトウィスキー、居酒屋なら焼酎や日本酒、ドイツ料理の店ならビールに対してこだわりのある店が多く、その種類が多いという感じになっています。

ドイツのように地ビールと呼ばれるほど、地域・地域に特長があるビールがある国の様々なビールを揃えるのは、量を販売しなければならないディスカウント酒店ではなかなか展開できないに違いありません。手に入りにくい酒だからこそ、値打ちも高まるわけですが、その酒が一般的に誰にとっても魅力的な商品であるかどうかはまた別問題です。いくら、希少な酒でも、多くの人が欲しがったり、飲みたがったりしないのであれば、さほど魅力的な商品とはいえません。

一方で、誰も知らなくても、その店が推薦する酒なら信頼できると考える方は多いはずです。これはバーや居酒屋と客の間でのみ成立するわけではなく、バーや居酒屋と酒を納品する町の酒店の間にも当然成り立つ関係です。町の酒店としては、こうした関係を持てる店をできるだけ多く持つことが仕入れ力の強化にもつながるのです。バーや居酒屋の店主も様々なところから酒に対する情報を集めています。

もちろん、自らも動いて多くの酒を試す店主も多いのですが、やはり、毎週のように顔を合わす酒店からの情報は彼らにとっても非常に重要なもの。ですから、そうした情報と、その情報を実際に使えるルートを持つことが酒店の行き残るための道となるのです。

バーや居酒屋の店主は接客のプロです。客にどんなニーズがあって、そのニーズを自分の店でならどのように消化できるのか、そのことにいつも気を配っています。バーや居酒屋の店主がそうであるのに、酒店の店主が客のニーズを知らずに商売をしても成功するわけがないでしょう。自分の顧客は、いったいどういう人たちなのか、あるいは逆に自分の顧客をどのような人達に設定するのか、そんなことを一日中、考える、そんな努力が必要なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


お酒店屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 近くに酒店がある喜び(2)

酒店が、生活の身近にあるのは、昔はごく当然のことでした。何しろ、酒は重いので、まとめて酒を買うのはなかなか大変なことだったのです。また例えば、ビールも昔はビンで買うのが基本、缶ビールは好きではないという人は、つい最近まで珍しくなかったのです。ですから、ビールもまた配達を頼むのが基本。 自家用車を持つ人が少なかった時代には、酒店の配達は酒好きに取って命綱でもあったのです。今はもう、ほとんどの家庭が自家用車で買い物に出かけ、まとめ買いをします。酒ももちろん例外ではありません。し

お酒店屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。